SES業界のExcel作成・入力による作業ミスを0にする方法

SES業界のExcel作成・入力による作業ミスを0にする方法

重複入力・単純作業が招く作業ミス

私たちが作成する書類は複数存在しています。

請求書に始まり、見積書や注文書などフォーマットは微妙に違いますが、

記載する内容は同じような項目が多い書類です。

契約件数や請求件数にもよりますが、担当者の方は単純作業や重複作業によりミスが発生しないように

細心の注意を払ってらっしゃると思います。

 

しかし、毎月処理をしているとどこかでミスが発生してしまう可能性はゼロではありません。

毎月50件の契約があれば、いろいろな帳票のフォーマットに合わせて書類を作成する作業が発生してしまいます。

 

i-seiQで作業ミスをゼロにする

「i-seiQ」は入力された契約情報をもとに、

システムから注文書、請書、請求書、送付状などの書類をワンクリックで出力します。

請求金額データは稼働時間を入力するだけで、

超過控除の自動計算をするため、人為的な入力ミスを防ぐことができます。

窓枠付き封筒でラベル貼り間違え防止

i-seiQから出力される請求書は出力情報の配置をカスタマイズすることが可能です。

契約情報にて登録されている請求先に紐づく住所情報を請求書の指定位置に出力、印字が可能なため、

A4用紙を三つ折りにして窓枠付き封筒に封入するだけで送付準備完了です。

 

請求書作成とは別に宛名ラベルを作成して貼り付ける作業を実施されている場合は

工数削減と送付先間違いのリスクを減らせます。

 

人為的な入力ミスは、入力回数や転記回数が増えれば増えるほど、発生確立が上昇します。

システム化をすることによって無駄な重複入力を排除して、ミスなし業務を実現しましょう。

システム化のメリットカテゴリの最新記事

トップへ戻るボタン