請求ルールもシステム化

請求ルールもシステム化

請求ルールの複雑化

前回までは請求漏れの削減方法や、

ダブルチェックの工数削減方法についてお話してきました。

 

ミスの原因、たくさんありますよね。

他にはどのようなミスが起こりえるか考えてみましょう。

 

意外とSES業界、請求先ごとに細かいルールが多いですよね。

忙しい請求書発行の時期に、タスクが煩雑になる原因の一つです。

 

2営業日以内の送付、等の日数ルールに加え、昨今のペーパーレス化の影響で

PDFのみの送付、郵送での送付等々…

よりルールが複雑になりました。

 

これらの情報をExcel管理するのも一苦労。

暗記するのも大変です。

 

各取引先の請求ルールに従って、

確実に全ての契約を処理しきるにはどうすればよいでしょうか?

 

システム化で請求書リミット順に処理

i-seiQでは請求先に応じた請求ルールや送付期限を登録することができます。

 

例えば送付期限を「月初1営業日以内」、「月初2営業日以内」のように

規則を作り登録いただき、

「請求処理」の中の「請求一覧」で並び替えをすると

1営業日以内、2営業日以内…と順に契約が表示されます。

並べ替え後に上から順に請求書を発行すれば、

漏れなく、且つリミット順に請求処理が可能です!

 

請求ルールも登録することができますので、PDF送信か郵送かの見分けも同時に確認できます。

※「送付期限」以外にも、他の条件で並び替えすることも可能です。

 

 

システム化すると、ミスが削減できるだけでなく、

工数も削減できます!

 

システム化すると、情報の一元化も大きな強みですよね。

一度、請求管理のシステム化を考えてみませんか?

 

SESに特化した契約管理・帳票発行システムはこちらへどうぞ!

システム化のメリットカテゴリの最新記事

トップへ戻るボタン