見積書発行・送付管理をワンクリックで完了する方法

見積書発行・送付管理をワンクリックで完了する方法

i-seiQは、見積書の発行とステータス管理を、一画面で行うことができます。
契約情報を登録したら見積書を発行してみましょう。

i-seiQの見積書機能について

見積書を発行してみよう!

見積書を発行してみよう!

i-seiQは契約情報を元に見積書データを作成

契約情報をもとに、見積書の発行を行います。
i-seiQは契約情報を元に各帳票のデータを作成するので、データの一元管理が可能です。

SES業界では契約確定後に見積書を提出する機会が多いため、
i-seiQでは「契約処理」>「契約一覧」画面から、契約登録後に見積書を発行することを想定して設計されています。

もちろん契約登録を行わず、見積登録のみで見積書を発行することも可能です。

見積書の発行方法

契約情報を元に各帳票のデータを作成するので、見積書用にデータを登録する必要はありません。

「帳票出力」>「顧客先見積・注文書発行」画面の一覧から、出力したい契約にチェックを入れ、
「見積書発行」ボタンを押下すると、選択した契約の見積書がExcelで出力されます。

見積書の発行日・送付日のステータス管理方法

見積書の発行日・送付日のステータス管理が出来るので、処理状況の共有が可能です。

見積書を発行すると、自動で赤枠内の見積書発行日が反映されます。

見積書の発行日・送付日のステータス管理方法

 

送付日を入力するには、赤枠の左側の「送付」リンクを押下し、登録することができます。

送付日を登録

送付日は赤枠内に反映されます。

送付日登録完了

SES見積書のサンプル

発行すると、見積書番号が自動で採番されます。

SES見積書のサンプル

その他の帳票と同様に、帳票はカスタマイズも可能です。
ご希望のフォーマットをご相談ください。

>>帳票のカスタマイズ例を見る

まとめ:i-seiQの見積書機能でできること

i-seiQでできること
・見積りの登録情報から見積書を発行
・契約の登録情報から見積書を発行
・発行日、送付日のステータス登録
・見積書フォーマットのカスタマイズ

こんな事したいけどi-seiQで実現可能かな?という疑問がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

>>問い合わせをする

機能カテゴリの最新記事

トップへ戻るボタン