SES営業の実績管理や売上分析のヒント

SES営業の実績管理や売上分析のヒント

契約を全てi-seiQで登録、管理できるようになると、

「このデータを使って営業の実績を出したい!」

「このデータをうちの会社の売上分析に利用できないか?」

と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

今回はi-seiQから出力したCSVデータを使用し、売上分析方法の一部をご紹介します。

ぜひこれを参考に、貴社状況に合わせて分析されてみてください。

 

i-seiQから出力できるCSVでこんな事ができます

拠点や契約形態ごとの売上比較

「肌感的にはA支店の売上の方が多いと思うけど、B支店と月別でどれくらい差があるのだろう?」

「SESの粗利って月によってどれくらい変動があるのだろう?」

カテゴリ分けを工夫すれば、このような疑問が解消できます。

 

1. i-seiQの「請求処理」>「請求一覧」画面を開いてください。

2. 画面最下部の「一覧の内容をCSV出力」を押下してください。

3. ポップアップ画面で以下の通りチェックを入れ、出力ボタンを押下してください。

 

出力したCSVデータを使い、以下のような情報をだすことができます。

 

カテゴリ別の売上構成比

(例)東京と大阪でカテゴリを分けている場合。

SESと受託でカテゴリを分けている場合は同じように構成比を確認できます。

 

月別の売上と粗利

(例)SESのカテゴリを抽出しています。

SES>東京、SES>大阪、のようにカテゴリを分けていれば、

東京のSES契約の月別の売上と粗利もだすことができます。

 

SES用 営業の予算・実績管理表

SESでよくある、客先と借入で営業担当が別の場合でも、

売上や利益の数字を分けて、各営業担当の数字として管理するやり方です。

 

先程の請求一覧のCSVを使用します。

売上や利益数字を担当別に計算し、

客先と借入で営業担当が別の場合はその割り振り比率に合わせて計算式を設定すれば、

営業担当ごとに数字を管理することができます。

担当者別の予算・実績管理表

※予算はあらかじめ表に入力しておく必要があります。

 

今月の担当者別、請求先ごとの売上合計

 

前期と今期の取引先別の売上を比較し、その担当者を確認

「前期より売上が伸びている会社はどこだろう?」

「売上が伸びている会社の営業担当は誰だろう?」

そんな疑問も解決できます。

 

1. i-seiQの「契約処理」>「契約一覧」画面を開いてください。

2. 画面上部のグレーの検索軸にて単月契約を検索してください。

※6月の契約を検索したい場合は以下のように入力をお願いいたします。

3. 画面最下部の「契約情報をCSV出力」を押下してください。

4. ポップアップ画面で以下の通りチェックを入れ、出力ボタンを押下してください。

 

5. 次は別のCSVを出力します。

i-seiQの「経営分析」>「取引先別売上実績」画面を開いてください。

6. 該当の対象期間を選択し、画面最下部の「取引先別売上実績をCSV出力」を押下してください。

 

4.と6.(契約一覧と取引先別売上実績CSV)を合わせると以下のような情報をだすことができます。

前期と今期の取引先別の売上の比較と、その担当者名

 

CSVを活用して売上をあげよう!

i-seiQの画面上で確認できる情報も多くありますが、

詳細情報をCSV出力しマージしていただくことで、各企業様にあった情報を見ることができます。

 

CSVを貼り付けるだけで情報が抽出できるExcelフォーマットを作成しておくと、

データ集計に時間がかかることなく、現状の数字がすぐに把握できるようになります。

分析の時間が容易に確保でき、今後の営業手法も考えるきっかけにもなりますね。

 

 

 

SES特化型の契約・請求システム「i-seiQ」のことをもっと知りたい!資料を見てみたい!

というかたはi-seiQサイトよりお問い合わせください。

無料でデモアカウント発行も行っております。

機能カテゴリの最新記事

トップへ戻るボタン