データ集計の時間を削減し、売上予測をリアルタイムで管理する方法

データ集計の時間を削減し、売上予測をリアルタイムで管理する方法

売上や仕入、外注などの各種情報が、複数ツールに分散していて、
売上や利益の状況を即座に把握するまでに時間がかかっていませんか?

システム化で一元管理をすると、四半期、翌四半期など、正確な売上や利益の見通しを立てるためのデータを、即時集計することができます。

この記事では、Excel管理をなぜ避けるべきか、理由とその改善方法をご紹介します。

Excelでのバラバラ管理は集計も大変

経営層の不満ポイント

Excelでの管理は、全体把握に時間がかかります。

なぜなら、各部署ごとにExcelの帳票で管理を任せていると、経営層が集計報告を依頼する必要があり
各担当者が多忙のため、売上や仕入の報告に時間がかかるからです。

会社全体の収支が把握できる時期は、月の中旬頃になってしまうこともありますよね。

データを一元管理していないと、売上や仕入れの把握に時間がかかってしまいます。

 

集計担当者の不満ポイント

同じような内容の報告を毎週メールでさせていると、各集計担当者が不満を募らせる材料になります。

担当者は「どうせ見てないんだろ?」と心の奥底で思っています。

経営層等の管理者は、各担当者に売上予定を報告させて満足かもしれません。
しかし、各担当者の立場では、データ集計やメール文作成の新たな手間が発生しており、日常業務の時間を削ってしまっているのです。

メール報告の工数をかけた上に経営層の反応がないと、必要ない作業と感じてしまいます。

 

経営に必要な情報はリアルタイム確認

データを一元化すると、各集計担当者から経営層に報告をする必要がなく、
経営層はリアルタイムのデータを確認することができます。

 

「i-seiQ」は契約データを一元管理できます。

システム上に、契約情報や、請求書の情報が登録されていきますので、
月間の売上、利益確認や売掛、買掛金推移をリアルタイムに確認ができます。

時間をかけずに情報を集計できますので、スムーズな営業計画を立てることが可能です。

集計情報を絞り込むための検索条件も多いので、
部署ごとの売上合計や担当レベルでの利益算出も一発で完了できます。

 

データの一元管理は、各担当者にとっても経営層にとってもwin-winの仕組みです。

 

脱Excel データの一元管理で売上を自動集計

i-seiQは、売上や支払の自動計算、自動反映となるので、データ収集や計算する時間は発生しません。
経営分析のための情報を入力する必要がなく、リアルタイムでの集計情報を確認できます。

この動画では、i-seiQの「経営分析」画面の
「売上・支払予定」「売上・支払確定」「キャッシュフロー」「売上実績比較」「取引先別売上実績」画面でどのように表示されるかをそれぞれ確認することができます。

 

契約登録をするだけで、月別の売上や支払予測を確認することができます。

「売上・支払予定」の反映タイミング
SES:契約登録時、時給の契約は×165で計算
受託:契約登録時
物販:契約登録時

「売上・支払確定」の反映タイミング
SES:稼働時間入力時(固定精算時は契約を確定時)
受託:契約登録時、調整額を入れると更新
物販:契約登録時

 

売上集計のためにかけている時間をゼロに

いくつも存在するExcelファイルを見比べて月次の売上算出をしたり、担当者に報告させたりすることは非常に勿体ない時間です。

必ず発生する月次処理をシステムで行うだけで、自動で売上集計することが可能です。
リアルタイムで集計されたデータを活かし、スムーズな営業計画を立てましょう。

i-seiQを使ってデータの一元管理をすることで、社内の無駄なコストを省くことができます。

 

データの一元管理で得をすることは、売上集計だけでなく、帳票関連の業務もスムーズになります。

システム化のメリットカテゴリの最新記事

トップへ戻るボタン